水口パイプの使用目的

メニューに戻る

水口パイプは小用水路からほ場への配水に用います。
配水時には弁を上に開き、水を通します。
通水量は弁の開度により調節自由です。
弁の開閉方向は、左右どちらにも動きますので
使用者の好みに応じて開閉方向を決めてください。

 

水口パイプの種類

金型成型品
1 KMW1型水口パイプ 径200mm以下 、径250mm以上 はこちら 
2 KMW2型水口パイプ (パイプ内差込型) 、径300mm以上 はこちら

3 KMW3型水口パイプ (レバー付)
4 KMW4型水口パイプ (レバー付パイプ内差込型)
  
5 レバー固定具 レバーをコンクリート擁壁に固定できます。レバーを折れにくくする効果もあります。

6 KMW5型水口パイプ 専用キャップ 止水性を良くしたい時に使用します。

7 フィルター付水口パイプ 上記の水口パイプにフィルターをつけたタイプです。

塩ビ板加工品(在庫品)
8 KMW6型水口パイプ 特別仕様
9 KMW7型水口パイプ 差込型 特別仕様
10 KMW8型水口パイプ アンカーボルト固定タイプ
11 KMW9型水口パイプ 特別仕様専用延長レバー

特注塩ビ板加工品
12 水口パイプ 受注製作製品


用水路にフタを被せる等の理由でほ場側で水量を調節したい場合はKMS型ほ場側とりみず栓をご検討ください。



CADデータ-(DWG,JWC,DXF)あります お問い合わせ先は052-231-2226です

1 KMW1型水口パイプ 径200以下のサイズ

TOPに戻る

外観

設置例

使用目的

小用水路から圃場へ配水するのに用います。すなわち配水時には弁を上に開き水を通します。通水量は弁の開度により調整自由です。左右どちら側へも開けます。必要に応じ弁ストッパー用ネジを取り付けることで片開きにすることもできます。

特徴

1構造装置が簡単で故障がありません。

2合成樹脂製ですので耐食、耐熱、耐寒、耐候性が良好です。

3弁は左右どちらにも開き方向性がありません。

4取り付け、取り扱いが簡単でどのような場所にもご採用いただけます。

5通水量は弁の開き具合により自由に調整できます。

6サイズは呼び径50mm、65mm、75mm、100mm、125mm、150mm、200mmの7種類です。250mm以上はこちらを参照ください。

設置例及び構造

8転作時、休耕時など用水が不必要な時期に止水性を高めるためにKMW5型水口パイプ専用キャップがあります。

フィルター付もあります。フィルター付は空き缶、レジ袋等のゴミをほ場内に流れ込むのを防止できます。

 

 

2 KMW2型水口パイプ(パイプ内差込型)

TOPに戻る

使用目的

小用水路から圃場への既設配水管入り口内に差込設置、通水量は弁の開度により調整自由です。左右どちら側へも開けます。必要に応じ弁ストッパー用ネジを取り付けることで片開きにすることもできます。

特徴

1KMW1型水口パイプと同様です。

2既設管内に差し込みますので既設管を有効に使用できます。

3サイズは呼び径75mm、100mm、125mm、150mm、200mm、250mmの6種類です。

設置例及び構造

5転作時、休耕時など用水が不必要な時期に止水性を高めるためにKMW5型水口パイプ専用キャップがあります。

フィルター付もあります。フィルター付は空き缶、レジ袋等のゴミをほ場内に流れ込むのを防止できます。

 

 

 

 

3 KMW3型水口パイプレバー付

TOPに戻る

使用目的

小用水路から圃場への取水口として設置、弁開閉レバー付きという事で水中に手を入れることなく水量を調節していただけます。

特徴

1KMW1型水口パイプと同様です。

2水口パイプは水路に横向きに取り付け、レバー操作は上下方向に行うことを推奨します。

3レバーは標準品は60cmとしています。レバーはVP管を使用していますので現場で継ぎ足すことにより延長が可能です。

4レバー付きはKMW1型を基に製作しています。

KMW3型水口パイプレバー付 ーーー  KMW1型を基に製作するタイプ

     サイズは呼び径50mm、65mm、75mm、100mm、125mm、150mm、200mmの7種類です。設置例及び構造

6転作時、休耕時など用水が不必要な時期に止水性を高めるためにKMW5型水口パイプ専用キャップがあります。

フィルター付もあります。フィルター付は空き缶、レジ袋等のゴミをほ場内に流れ込むのを防止できます。

8レバーをコンクリート擁璧に固定するためのレバ−固定具(別売品)もあります。レバーを折れにくくする効果もあります。


4 KMW4型水口パイプレバー付(差込型)

TOPに戻る

使用目的

小用水路から圃場への取水口として設置、弁開閉レバー付きという事で水中に手を入れることなく水量を調節していただけます。

特徴

1KMW1型水口パイプと同様です。

2水口パイプは水路に横向きに取り付け、レバー操作は上下方向に行うことを推奨します。

3レバーは標準品は60cmとしています。レバーはVP管を使用していますので現場で継ぎ足すことにより延長が可能です。

4レバー付きはKMW2型(パイプ内差込型)を基に製作しています。

KMW4型水口パイプレバー付差込型 ーーー  KMW2型(パイプ内差込型)を基に製作するタイプ

     サイズは呼び径75mm、100mm、125mm、150mm、200mm、250mmの6種類です。設置例及び構造

6転作時、休耕時など用水が不必要な時期に止水性を高めるためにKMW5型水口パイプ専用キャップがあります。

フィルター付もあります。フィルター付は空き缶、レジ袋等のゴミをほ場内に流れ込むのを防止できます。

8レバーをコンクリート擁璧に固定するためのレバ−固定具(別売品)もあります。レバーを折れにくくする効果もあります。


5 レバー固定具

TOPに戻る

使用目的

水口パイプKMW3型及びKMW4型のレバーをコンクリート擁壁に固定するための部品です。

レバーを折れにくくする効果もあります。

この商品はあくまでもこの部品だけのなで別途KMW3型、KMW4型を用意してください。

詳しくは設置例及び構造をご覧ください。 

 

 

 

 

 

6 KMW5型水口パイプ専用キャップ平成24年12月より製品改良しました

TOPに戻る

 

使用目的

既設水口パイプ内に設置することで転作時、休耕時など用水が不必要な時期に止水性を高めます。

使用方法

1 KM式水口パイプの弁を開き入口付近を清掃し、内側に差し込んで設置します。

2 お好みにより、水口パイプの弁を閉じてください。

  注意 W5-65とW5-75は水口パイプの弁を完全に閉めることが出来ません。

3 キャップを取り除く時に、水路に水が残っているとキャップが水圧に押され重くなります。

4 詳しくは設置例及び構造をご覧ください。

5 規格名称は水口パイプサイズと異なる製品もあります。

 

正面写真

水口パイプに差込んだ写真

KMW5−65〜75

KMW5−100〜200

 

7 フィルター付水口パイプ

TOPに戻る

使用目的

水口パイプ内にフィルターがついています。

フィルター付ですので空き缶、レジ袋等のゴミをほ場内に流れ込むのを防止できます。

フィルター付はどの水口パイプにもつけることが出来ます。


フィルターの寸法は10mm×10mm 網径2mmです。

従来の水口パイプにフィルターが付いているだけなので専用カタログはありません。

写真はこちらです


    水口パイプ名称一覧表

従来品の水口パイプの名称

   フィルター付加工した水口パイプの名称   

   KMW1型水口パイプ              

KMW1F型

KMW2型水口パイプ パイプ内差込型

KMW2F型

KMW3型水口パイプ レバー付    

KMW3F型

KMW4型水口パイプ レバー付差込型

KMW4F型

 フィルター付の品番は、従来の製品の品番のあとに F をつけたものです。

 

8 KMW6型水口パイプ 特別仕様

TOPに戻る

使用目的

小用水路から圃場へ配水するのに用います。すなわち配水時には調整板を上に開き水を通します。通水量は調整板の開度により調整自由です。塩ビ管用接続口がついていますので延長が容易です。

特徴

1構造装置が簡単で故障がありません。

2合成樹脂製ですので耐食、耐熱、耐寒、耐候性が良好です。

3取り付け、取り扱いが簡単でどのような場所にもご採用いただけます。

4通水量は調整板の開き具合により自由に調整できます。

5サイズは塩ビ管の呼び径50mm〜400mmに対応してします。これ以外のサイズはご連絡ください。200mm以下はKMW1型もあります。こちらを参照ください。

設置例及び構造

 

7水深が深い場合はKMW9型水口パイプ特別仕様専用レバーをセットでご検討ください。

8お時間をいただければ特注寸法の大きさで製作します。

 


9 KMW7型水口パイプ 差込型特別仕様

TOPに戻る

使用目的

小用水路から圃場へ配水するのに用います。すなわち配水時には調整板を上に開き水を通します。通水量は調整板の開度により調整自由です。既設管の内側に差込んで設置します。

特徴

1構造装置が簡単で故障がありません。

2合成樹脂製ですので耐食、耐熱、耐寒、耐候性が良好です。

3取り付け、取り扱いが簡単でどのような場所にもご採用いただけます。

4通水量は調整板の開き具合により自由に調整できます。

5サイズは塩ビ管の呼び径75mm〜450mmに対応してします。これ以外のサイズはご連絡ください。
製品は既設管種によりスポンジ厚みを調整して出荷します。
250mm以下はKMW2型もあります。こちらを参照ください。

設置例及び構造

7水深が深い場合はKMW9型水口パイプ特別仕様専用レバーをセットでご検討ください。

8お時間をいただければ特注寸法の大きさで製作します。

 


 

10 KMW8型水口パイプ アンカーボルト固定タイプ

TOPに戻る

使用目的

小用水路から圃場へ配水するのに用います。すなわち配水時には調整板を上に開き水を通します。通水量は調整板の開度により調整自由です。この製品はアンカーボルトで水路壁に固定します。

特徴

1構造装置が簡単で故障がありません。

2合成樹脂製ですので耐食、耐熱、耐寒、耐候性が良好です。

3取り付け、取り扱いが簡単でどのような場所にもご採用いただけます。

4通水量は調整板の開き具合により自由に調整できます。

5必要に応じてコーキングを施してください。

6サイズは塩ビ管の呼び径50mm〜400mmに対応してします。これ以外のサイズはご連絡ください。

設置例及び構造

9水深が深い場合はKMW9型水口パイプ特別仕様専用レバーをセットでご検討ください。

10お時間をいただければ特注寸法の大きさで製作します。

 

 


11 KMW9型水口パイプ特別仕様専用レバー

TOPに戻る

使用目的

水口パイプ特別仕様を深いところで使用する場合に便利な延長レバーです。KMW6型、KMW7型、KMW8型に使用できます。

特徴

1延長レバーには、破損防止のため折り曲げ可能なチョウバンが付います。調整板を大きく開いた時には、延長レバー上部が水路内側に折れ曲がり水路天端からあまり出ないようになります。

2現地で水口パイプ特別仕様の調整板に延長レバーを接続します。

3アンカーボルトで延長レバー固定用部品を固定します。

4通水量は調整板の開き具合により自由に調整できます。

設置例及び構造

 

 

 


12 水口パイプ 完全受注製作製品

TOPに戻る

塩ビ板を加工してご希望の製品をお作りします。お気軽に連絡ください。

製品例