KM式排水口

排水口メニューに戻る

 水田のあぜに設置し水位調節板により水位を調整します。

 排水管径がφ100〜φ200までの4種類を取りそろえています。

 

構造

 呼び径 

A

B

C1

C2

C3

D

E

F

100

 400 

 250 

 98 

 48 

 50 

 114 

 45 

 15 

125

400

250

98

48

50

140

55

15

150

400

250

98

48

50

165

59

15

200

400

250

98

48

50

216

76

 

設置方法

本体をあぜに水位調整板を水田側に向けて中程まで埋め込みます。この際本体に排水管(VP,VU管等)を接続し、水路に排水可能な状態に仕上げます。

操作方法

1 通常時

・排水口の水位調節板(2枚)を上下することで田面の水位を調節することができます。

・VP,VU管(φ100、φ125φ150、φ200)に接続することができます。

・上の調節板の固定位置は添付のひもで調節してください。

・調節板の間に小石等がはさまった場合、上の調節板をはずし、掃除をしてから差し込んでください。

 

2 乾燥時

・圃場を乾燥させる場合調節板を2枚とも抜き取ってください。

・コンクリート製品でありませんのでパイプを接合する際には、本体を破損しない様、工事をして下さい。

・トラクター等で破損する恐れがありますのであぜに入れて設置してください。

TOPへ戻る